TAJIMA ROOFING GROUP 田島緑化工事株式会社


屋上緑化システムFD-Lシステムシリーズ 現場植えタイプ 多様な屋上緑化に対応する「FD-L」シリーズは 様々な植物を使って自由に屋上緑化をデザインできます

一体型の植栽基盤FDドレインを用いた田島ルーフィング独自の屋上緑化システム「FD-L」シリーズは、芝生から草花、中低木まであらゆる植物を植えることが可能です。フルスペックの標準仕様「FD-LP」をはじめとした「FD-L」シリーズ、薄層仕様の「FD-LE」、芝生植栽に特化した仕様「FD-LS」の大きく3つの仕様群があります。

薄層仕様の屋上緑化システムは充分な固定強度で耐風圧性能を確保しています

接着力 FDドレインLH/エコムテープ 10,000N/㎡ FDワッシャー エコムネット50 FDマルチ FDソイル3号 FDコーン FDフィルター FDドレインLH エコムテープ20 耐根シート ルートガードD

エコムテープ20

エコムテープ20

FDドレインLN(LH)とFDウォール等を下地に接着し、システム全体を固定させるための強粘着力のテープです。

ルートガードD

ルートガードD

成長した植物の根が防水層に侵入、貫入することを防ぐ自着層付耐根シートです。寸法安定性、機械的特性、耐水性に優れ、根の侵入を長期的に防止します。成長した植物の根が原因となる漏水事故を確実に防ぎます。

※自着層は改質アスファルト系です。


エコムガード

エコムガード

セダム類およびグランドカバープランツ専用の自着層付耐根シートです。成長したセダムの根が防水層に侵入、貫通して起こる漏水事故を防ぎます。また、寸法安定性、耐久性に優れ、長期にわたり耐根機能を発揮します。

※自着層は改質アスファルト系です。


FD-LE 施工手順

1.エコムガード

1エコムガード
緑化範囲内に耐根用のエコムガードを貼り付け、ラップ部にルートガードテープを貼ります。

2.FDウォール100R

2FDウォール100R
緑化外周部にエコムテープ20を貼り、見切り材FDウォール100Rを接着固定します。

3.エコムテープ20

3エコムテープ20
500㎜間隔でエコムテープ20を貼ります。

4.FDドレインLH

4FDドレインLH
エコムテープ20の剝離紙を剥がし、FDドレインLHを設置します。

5.FDコーンH75

5FDコーンH75
FDコーンH75をFDドレインLHの真ん中に貼り付けます。

6.FDフィルター

6FDフィルター
FDフィルターをFDコーンH75の突起に通して敷設します。

7.FDソイル

6FDソイル
比重を自然土壌の約半分に抑えた人工軽量土壌、FDソイルを均一に敷設します。

8.エコムネット/植栽

6エコムネット50M/植栽
FDマルチ(赤)を敷設し、植栽を植付けした後、エコムネット50MをFDワッシャーにて固定します。

9.施工完了

完成 ※初期潅水をお願いします。


FD-LP 施工手順

1.ルートガードD

1ルートガードD
植物の根が防水層に侵入することを防ぐ自着層付耐根シート、ルートガードDを貼り付ける。

2.FDフィルム

2FDフィルム
「耐根層は必ず2層に」との考えで、耐根補助としてFDフィルムを使用。立上りまで敷設。

3.FDマット

3FDマット
この段階で作業面にかかる衝撃に対して、防水層、耐根層をしっかりと保護。

4.FDドレインLN

4FDドレインLN
1枚で保水、排水、通気機能を持つ成型パネル。客土へ常に新鮮な水と空気を供給。

5.ホワイトローム敷き

5ホワイトローム敷き
客土を入れた後でもFDドレインLN上面の保水空間が埋まることなく、保水性をキープ。

6.FDフィルター

6FDフィルター
客土が降雨水などにより流出することのないよう、植栽部全面(立上りまで)に敷設。 FD-Lシステム完成。

7.FDソイル(別途)

6FDソイル(別途)
比重を自然土壌の約半分に抑えた人工軽量土壌を使用。

8.植栽(別途)

6植栽(別途)
システムの土壌厚に適した植栽を選択し、適切な配置で植付ける。

9.施工完了

完成 ※初期潅水をお願いします。

ページの先頭へ戻る

© Copyright 2008 - 2017 TAJIMA RYOKKA CONSTRUCTION INC. ALL RIGHTS RESERVED.